Berryzは楽しい!

ハロプロキッズはみんな仲良し!主に新旧書き起こしレポをベリーズ国訪問まで不定期に22時に自動公開中!

℃-uteから見たBerryz工房内示の様子

※本日1月14日はBerryz工房結成記念日です

西川貴教>(ハロープロジェクトキッズで)どさっと来て(加入して)、そこからチーム分けみたいになったんでしょ。℃-uteチーム、Berryzチームと分かれていったじゃん。
岡井>分かれました
矢島>そうですね。

西川>あれって急に呼ばれて「お前、今日から℃-ute」みたいになるわけ?
矢島>(Berryzの時は)レッスンの最中に急にカメラが入ってきてスタジオに。そして「今から名前を呼ばれた人は別のスタジオに移動してください」と言われて。呼ばれたメンバーがBerryz工房だったんですけど。

関連:
だから9年経っても仲良しでいられるのかなって
徳永>そう。何故、別れたのかってね~
矢島>あの発表の瞬間も一緒に
徳永>いたよね。隣に
矢島>(千奈美が)名前呼ばれて行ったんですよ「今から名前を呼ばれる人は隣のスタジオに行って」って言われて。で、ちーとわたし隣に居て、「あれ!?ちー(名前)呼ばれたよ」って(教えてあげて)
徳永>あは
矢島>(ちーは)「じゃあ行ってくんね~」て言って。そこがまさかの別れだったね
徳永>ね まさかの別れだよね

矢島>しばらくしたら喜んでいる声が聞こえて
岡井>そう「びやああああ」って。で、うちら「えっ何?」って
西川>そうか。抜けていった方(から)合格みたいなテンションだったんだ。

岡井>カメラも全部そっちに付いて行っちゃったみたいな
矢島>わたしたち取り残されて
岡井>で、(スタッフに)端っこの方に呼ばれて「ま、とりあえず(あっちで)グループ組むことになったから」って言われて。あ、終わったな(と思った)。

西川>ま、そうだろうな。あぶれた感、(わたしたちは)余りもんなんって思ってしまうよね。
岡井>そう、それからけっこうそういう風に呼ばれることが多くて。「残りのみんな、こっちおいで」とか。
西川>Berryz工房と「残りのみんな」みたいなか。そうか、きっついな。ちっちゃい頃、小学生ぐらいの頃にその扱いを受けるとトラウマになるよな。

中島>でもまだ「残りもの」って、パッて言われた方がましだったというか。もともと(みんな)ハロー!プロジェクト・キッズ(なのに)、ハロー!勢ぞろいの時に、「Berryz工房」と呼ばれた後に(わたしたちが)「ハロー!プロジェクト・キッズ」って、名前ない子たちの感じで呼ばれて、その方がしんどかった。あれ?Berryzもハロー!プロジェクト・キッズっだよねって。
西川>あ~そうか。そっちだけ出世したみたいな。なるほどね。

結成半年後の2004年夏のDVD企画
司会の「Berryz工房!神経衰弱対決!」で始まるものの、
画面ではハロプロキッズと表記
(2つの画面をつなげています)

参考:
[結成月の2004年1月からスタートしたハロコン冬での紹介VTR]

2003年8月デビュー
キッズより梅田えりか 矢島舞美
清水佐紀 村上愛 嗣永桃子
2003年10月デビュー
キッズより鈴木愛理 夏焼雅

[結成翌2月からスタートしたキッズのファンクラブツアー]
デビュー曲はキッズツアーで初披露
(関連:2004年2月6日 清水佐紀キャプテンに任命される
すぐにハロー!プロジェクト・キッズの衣装に戻る


キッズとして挨拶
[結成半年後のハロコン2004年夏の紹介VTR]
オープニング映像では
2番手でキッズとして紹介
映像最後、モーニング娘。の前で
Berryz工房として紹介


ビデオ終了後
この3人のタイトルコールでスタート
「ハロー!プロジェクト・キッズそしてBerryz工房」と紹介される
のちの℃-uteメンバーも「キッズより梅田、矢島・・・」
と紹介されて「乙女 パスタに感動」を披露


関連:
千奈美「Berryz工房じゃなきゃ辞めるとおもう」
徳永>それ(その場合)も辞めるとおもう。Berryz工房になりますといわれたとき、(現在℃-uteの矢島)舞美がいなくてすごいショックだったけど、この(別々のグループという)距離感だから、なんでも話せるとおもいますね。多分、Berryz工房じゃなきゃ、自分は向いていないんじゃないかなとおもいます。
徳永>自分がグループに入っているということが、キッズ以外になかったので(Berryz工房に入れて)嬉しいです!

7人で日本武道館のステージに立ちたい


2008年1月ラジオにて]
須藤>今年の目標は「さいたまスーパーアリーナでもう一度コンサートをやること」です!
全員>やりたーい!
須藤>(セットにあった)花道がいい(よかった)!50メートル走だ(った)よね
清水>運動会みたい(だった)
須藤>とにかく、またやりたい

※この年の終わり2008年12月6日、シャ乱Q結成20周年記念の日本武道館ライブに出演。そこでステージからの”まるで宇宙空間にいるかのような光景”に感動して心境に変化が・・・
2008年日本武道館にて
新曲を披露
2009年1月、ラジオ]
熊井>(茉麻の去年の目標は)「さいたまスーパーアリーナでもう一度コンサートをやること」いう壮大な目標だったので、なので(達成できたか、できなかったかではなく)茉麻にはコンサートでの(自分の)パフォーマンスを自己採点してもらおうとおもいます。
須藤>(略)・・・やっぱり「さいたまスーパーアリーナでもう一度コンサートやる」という目標は続けていきたいとおもいますね。来年も、再来年も。

夏焼>2009年の目標はBerryz工房(単独)で武道館ライブをやる!
徳永>したーい!今すぐしたい
夏焼>(先月、去年の12月に)シャ乱Qさんの
清水>結成20周年記念ライブね
夏焼>を(日本武道館で)やらせてもらったんですけど、やったらね。よかったよね!
熊井>やりたーい
清水>ね!
夏焼>ぜひ今度はね、7人(だけで)でね。あそこのステージに立って、みなさんといい思い出を作りたいですよね。
全員>はい!

[2009年3月、ファンクラブツアーMC]
須藤>今、みんなで目標にしている武道館でのコンサート!絶対に、あの会場満員のコンサートをやることをかなえようね!

[2009年4月、コンサート楽屋]
菅谷>みんなで言ってたように武道館でライブをしてみたい

[2009年8月、TV番組]
夏焼>(夢は)今はみんなで武道館でライブをやりたいねって言っていて。そこでBerryzの単独ライブができるといいなとおもっています。はい。

[2013年春]
4年後、プロデューサーつんく♂より日本武道館での単独コンサートが発表される
「やる気がなかったら(2008年みたいに)シャ乱Qでやっちゃうよ」
このシャ乱Qネタがリアルに感じられたため、
しばらく”不透明感”が続いたという
関連:
さいたまスーパーアリーナから何年経ったのよ!
勝山>これまでがんばってたんじゃないの?(もっと早くやってもおかしくないよ)
菅谷>でも、わたしたちにとってはこんなに早く決まったんだという感じなので
もう一度SSAや武道館も夢だけど、その前に、ずっと7人がいいな
徳永>武道館終わっておもったのは。ずっと7人がいいなって、おもいました。さいたまスーパーアリーナに戻るという夢もありますし、もう一回武道館に立ちたいという、いろいろな夢もあるんですけど、その前に、7人がいいなって、改めておもいました。


(本日11月29日はBerryz工房が2013年に初めて日本武道館でコンサートを行った日です)

嗣永桃子の握力測定 2005-2016 #ももち

2005年はDVD Magazineの企画
2016年はヒルナンデスのロケにて
ちなみに2005年時の左手は19.5kg

2005年「無理無理~」
2005年は握力を含む体力測定総合で優勝して
賞品のケーキをほおばる

清水佐紀「10年後(2016年)は身長は155センチぐらいになっているとおもいます」


[2006年初夏]
菅谷>もう夏だよね。そういえば。
清水>うん、夏ですよ。早いですよね。
菅谷>早いね
清水>一年経つのが早いですよ
菅谷>あっという間だよう
清水>あっという間ですね
「あっという間だよう」

清水>どうですか最近

菅谷>最近?キャプテン(背が)大きくなったよね
清水>あ(笑)、ありがとう
菅谷>大きくなった
清水>お豆食べてるんだ
菅谷>お豆!?
清水>牛乳飲んでも大きくならないことが判明したから、お豆を食べて大きくしているの。
菅谷>でも伸びるよ絶対。

関連:
熊井ちゃん「2歳の時に牛乳一日1リットル飲んでた」
熊井>2,3才のときに、牛乳をたくさん飲んでました。
MC>なるほど~やっぱりね
清水>あのーちょっといいですか。
MC>あ、キャプテンどうした?
清水>わたし昔も今も牛乳大好きだけど。伸びないんですけど
キャプテンの身長はもうすぐ153センチ
清水>じゃあアピ(-ル)らせていただきます。最近身長が149.8センチになったこと。
須藤>前は何センチだったの?
清水>あの~(この)1年で10センチ以上伸びたんですよ
須藤>すごーい。10センチも伸びるの?
菅谷>キャプテンはダンスがうまいし。なんでもやりとげちゃうし。尊敬する部分もあって。
清水>あ、ありがとうございます
菅谷>(一言でいうと)キャプテンだな
清水>えーわたしキャプテン、一言?
菅谷>うん(マジ)

関連:
キャプテンはキャプテンしかいない
菅谷>(わたしは)キャプテン(清水)が、Berryzのキャプテンだから付いていけてる。マジで。うちのメンバーは 桃( 嗣永)とか まー(須藤)とか いつも仕切ってくれるし、助かるなとおもうけど・・・キャプテンはキャプテンしかいないと思った。この前 本当に改め思った


[2006年秋]
吉澤ひとみ>(清水ちゃんには)10年後「自分(あなた)はどうなっているか」を聞きたいとおもいます。10年後の清水ちゃんです。キャプテンやっているでしょうか、まだ。

(清水ちゃんは)10年たっても・・・(計算中)・・・まだまだ若いですね。私の10年後は・・・!31歳です!さ、清水ちゃん、キャプテンの10年後はどうなっているか?
関連:
吉澤ひとみオフィシャルブログ「皆様へご報告(2016年8月12日)」
清水>10年後はBerryz工房として歌い続け、踊り続けているとおもいます。はい、Berryz工房は7人でいままでがんばってきたんです、10年後も歌い続け、踊り続け、いろんなことにチャレンジしているとおもいます。

(注:質問者の吉澤ひとみは、この収録時には自身の卒業が決まっていたとおもわれます。発表は翌正月ハロコン。この応答はそんな中での”リーダー”から”キャプテン”へ、エールを送り送られつつのもの)

10年後は身長は、今150㎝ぐらいなんですけど、きっと5㎝ぐらいは伸びていると、155㎝ぐらいで、Berryz工房の中ではきっと(上から)二番手ぐらいになっているとおもいます。


吉澤さんにはコンサートの時に「お互いリーダー、キャプテン同士、コンサートがんばってね」と言ってもらえてうれしかったです。

「”さきち”こと清水佐紀です。許してわん!」

(本日11月22日は清水佐紀の誕生日です)

ケータリングでメンバーが一番大好きな海苔のサラダ

[2012年]
鈴木淳史>ライブ前ごはんって食べれたりするんですか?"栄養つけなきゃいけない"と食べる人と、緊張して食べられない人がいるとおもうんですけど。
夏焼>はい、ベリーズ(のメンバー)は基本食べます。
清水>みんな好きなんで
夏焼>がっつきます。(逆に)ごはんのことだけうるさいぐらいなんですけど。

鈴木>ケータリングとかお弁当とか、どんなの食べているんですか。どんな感じなんでしょう。がっつき具合、人気のメニューとかあるんですか?
夏焼>人気は・・・きゅうりです
鈴木>きゅうり!?

清水>きゅうりです。おばちゃんが作ってくれるきゅうりがあるんですけど。あと海苔と・・・(これはみやが言ってね)
夏焼>きゃ、きゃ、キャベツ・・・あ!レタス!・・・すみませんちょっとテンション上がってしまって
鈴木>いいですよ(笑)食べ物の話になるとね(上がりますね)

夏焼>その野菜メニューがすぐに無くなってしまいます
鈴木>それはなんですか?お漬物的なものですか?
夏焼>きゅうりは醤油ベースにゴマとかかかっていて
鈴木>めちゃくちゃおいしそうじゃないですか

夏焼>すごいシンプルなんですけど、すごいおいしいんですよ。で、それがまず無くなって。あとキャベツじゃなくてレタスと海苔がかかった・・・(キャプテンの方をみる)
清水>サラダ(ね)
夏焼>そうサラダで、ドレッシングが手作りなんですよ。それの味がみんな大好きで。メンバーたちがパッと食べちゃうので、スタッフさんたちは早くこないと無くなっちゃうよって
鈴木>無くなっちゃう(笑)なんなんでしょうね。女子のサラダ好きというのは(笑)


[2011年Berryz工房ライブ前のTV取材]
橋本慎>(こちらのコーナーを)ご覧ください
藤井隆>わっ、おいしそうな匂いがしてます
木村明浩(バッファロー吾郎A)>いい匂い
橋本>おばさんちょっと(こっちへ)
藤田洋子(ケータリングのおばちゃん)>はい(とカメラに一礼)

藤井>(サラダを指して)こちらは?
藤田>これがメンバーが一番大好きな海苔のサラダです
藤井>海苔のサラダ
藤田>ノリノリ♪サラダ

木村>これちょっといただいて(試食して)もいいですか?
藤田>どうぞどうぞ
木村>う~ん、ノリホンタス

藤田>・・・(ギャグを味の感想とおもったのか)さっぱりしているはず(ですけど)
木村>はい(汗)、さっぱりしている中にコクがあります。海苔と見事にマッチしています。

夏焼雅です。好きな色はピンクです。こういったときぐらいピンクを選ばせてね!

[2006年]
嗣永>中学3年の嗣永桃子です。最近ピンクのストラップを集めるのにはまってます。
吉田照美>え、なんではまっているの?
嗣永>ピンクが好きなんです

夏焼>はい中学2年の夏焼雅です。好きな色はピンクです。

吉田>あっ重なっちゃったね。嗣永さんとね。じゃあピンク好きになったのは嗣永さん、何年前からですか?
嗣永>え!ピンク・・・。たぶん名前が(に)桃が・・・
吉田>あ、名前が「桃子」ちゃんだから、気が付いたらピンクが好きになってた?
嗣永>あ、いや、うーん。昔から・・・
吉田>そうでもない?あ、ちょうど(目の前にある)このマイクがピンク(色)だよ
嗣永>あーやったー(!?)

吉田>じゃあ夏焼さんはいつからピンクが好きなの?
夏焼>アクセサリや小物などを集めているときに(選んでいる)
吉田>そうだよね。ピンクはかわいいもんね。
夏焼>はい


[2009年]
(写真上:ピンクの箱とブルーの箱からいずれかを選びその中の衣装に着替える)
鈴木>みや(ピンクに)行っていいとおもうよ(桃がほしがるだろうけど)
夏焼>えっ?
鈴木>みや行けるとおもう
夏焼>だよね
嗣永>(夏焼に近づき無言で「選ぶなよ」プレッシャー)
夏焼>こういったときぐらいピンクを選ばせてね!
嗣永>うはっ
鈴木>どうした?
嗣永>リ、リアルな感想(コメント)だとおもって(笑)。ピンク(の箱)バイバーイ。じゃあわたしは(残った)ブルーの箱を(で着替えてくるね)
(補足:ブルーの箱の衣装は・・・)

[2011年]
夏焼>初対面の人からはちょっと怖い、話しかけずらいという印象があるみたいで。しゃべってみて仲良くなるみたいな。
菅谷>みやは乙女だとおもう
夏焼>考えとか?あ、物とかも普通に、うち(自分)ハートのスパンコールがついたピンクの手鏡をもっていたりするんだけど。それをごはんとか食べて(た後)、(それを使って)直してたりするじゃん。そしたらこないだ友達と出かけたときに「えっ!その鏡使ってるの?」って。「ピンクのハート!?」みたいな。
菅谷>うひゃひゃは
夏焼>って言われて「別にいいじゃん!」みたいな(笑)。なんかピンクを持っていることも不思議みたいで。ネイルとかもよくピンクとかしているんだけど。

[2014年]
嗣永>最近何をしていましたか
夏焼>みやは最近、髪の毛のカラーを変えて、そしてネイルを変えました。だからすごいハッピーなの。
嗣永>じゃあメンテナンス完了?
夏焼>(メンテナンス?)・・・あ、うん完了

嗣永>今回は何をテーマに?
夏焼>今回はちょっとラブリー。ツンデレだよね
嗣永>ツンデレ(の)自分のイメージを爪でも表現してみたと?
夏焼>そう!
夏焼雅ブログ「NEW

嗣永>あ、たしかに「桃(わたし)」まで入っているね
夏焼>「桃」?
嗣永>ほらここに「桃(わたし)」が
夏焼>いや(これ)ハート(の形)
嗣永>逆にすれば、逆にすれば。ねえ・・・。
夏焼>いやそれは・・・

嗣永>まあ「桃」だとしても(色が)真っ黒の桃ってねえ
夏焼>まあ普段の「桃(あなた)」って感じ(だね)
嗣永>・・・!?おかしい、おかしい、おかしい


(本日8月25日は夏焼雅誕生日です)

追記
---------------------------------------------
本投稿アップ同日に発表された夏焼雅新グループの名前は、
PINK CRES. (読み:ピンククレス)

英語のスピーチ

[2011年]
(米国シアトル「Sakura-Con 2011」にて)
徳永>コンサートのMC(コーナー)までに、英語のスピーチを完成させて、みなさんの前にぜひ披露して、それがアメリカのみなさんに届くのかということで、ちょっと頑張ろうかなとおもうんですけど。

(コンサート当日のMCにて)
嗣永>(観客に向かって)ももちかわいい、SAY!
観客>モモチカワイイ・・・(なにかをみつけて)!?
徳永>(さっそうとBerryz工房ライブ衣装の鯛を着て登場)
嗣永>おおっ!?
須藤>おっと
観客>イェーイ

徳永>はい。えっとですね。せっかくシアトルにきたので、私の英語が通じるか。やってもいいですか?
観客>イェーイ
嗣永>(千奈美を一歩前に押し出す)

徳永>ふ~(一息ついて)I will try English speaking.
観客>イェーイ

徳永>Good seafood in Seatle. So...change a...change(d) a fish dress!(と衣装を見せるように一回転。注:当地の名物シーフードとサクラコンの名物コスプレにかけて魚の衣装の意)
観客>カワイイ

徳永>City is very beauty.Please about to Japan!
観客>イェーイ

徳永>え~う~ん
観客>ガンバレーガンバレー
徳永>Can you understand my English?
観客>YE-S!
徳永>Thank you!(とメンバーの立ち位置に戻る。

徳永>ありがとうございました。(と一礼)
夏焼>(よくがんばったと頭をポン)
徳永>じゃあ着替えてきます!

(元の衣装に戻って)
徳永>すごい緊張しました。
須藤>でもすごいよかったよ
徳永>・・・I love Seatle.

はい、わたしたちは今、シアトルにいまーす

[2016年8月]
(徳永千奈美公式ブログ「Wha do you think?」より)
最近は授業のやり方も変わってきて、みんなの前で自分の意見をスピーチしたりするの!!!
とっても難しいんだよ〜♩

Cooking and housework should be taught at school.
My opinion is disagree.
If a school teaches cooking and housework to students,their parents will not do it anymore.They will think it's not their job and if their children can't cook and do housework they will complain and they will tell the school...(ブログ本文へ

2016(左) 2005(右)
こちらも大幅に進化
関連:
千奈美「英語は本気で行ったときに大吸収してくる」
最初は三ヶ月ぐらいで考えていたみたいなんですけど、だんだん真剣に、どうせ行くならしゃべれるようになりたいと、しっかり留学、学んでくると本人も言って。


(意訳)

「料理や家事は学校で教えるべきである」

わたしはそうはおもいません。

学校で生徒に料理や家事を教えることになれば、親はもう自分たちで教えようとしなくなるでしょう。自分たちの役目でないとなれば、料理、家事ができない自分の子どものことで、学校に文句を言ってくるでしょう。「うちの子どもが料理や家事ができないのは、あなた方、学校のせいです」と。ですのでわたしは、子どもにはその親が料理も家事も教えるべきと考えます。

子どもと親は、同じことを一緒にすることを通して、良い関係を築くことができます。わたしは今日、多くの子どもたちが自分の両親と十分に会話ができていないとおもいます。その結果互いの問題を話し合うことができていません。もっと話すことが必要です。

仮に学校で料理を教えることになれば、生徒はガスコンロや包丁など使うようになります。しかし実際問題として学校でそれが可能でしょうか。例えば、わたしが中学生のとき、クラスの生徒が37人に対し教師は一人でした。一人の教師に37人の生徒は多すぎます。一クラスの生徒がそれほど多くなければ、各自ガスコンロや包丁を使うことができるでしょうが、生徒が多ければそれは無理とおもいます。なぜなら教師が一度にすべての生徒に目を配ることはできないからです。

ただ家事については、子どもたちに自分で片付けられるよう学ばせることはいいことだとおもいます。両親や教師がいつも子どもたちのために掃除をしてしまえば、子どもたちはもう決して、自分たちできれいしようとは思わず、また自分ですることもできなくなります。

こういうわけで、わたしは生徒が学校で、料理を学ぶことは良いとはおもいません。しかし、掃除の仕方は身につけるべきです。


(注:欧米の学校では掃除は専門業者が行うことがほとんどで、日本のように”掃除の時間”を設けて生徒がすることはないようです)