Berryzは楽しい!

ハロプロキッズはみんな仲良し!主に新旧書き起こしレポをベリーズ国訪問まで不定期に22時に自動公開中!

各メンバ評

清水佐紀
やっぱ、Berryz工房はキャプテンが清水佐紀ちゃんだったから、個性豊かなグループになれたとおもうし、すごい尊敬してますね・・・さすがキャプテン

キャプテン(清水)が、Berryzのキャプテンだから付いていけてる。マジで。うちのメンバーは 桃( 嗣永)とか まー(須藤)とか いつも仕切ってくれるし、助かるなとおもうけど・・・キャプテンはキャプテンしかいないと思った。この前 本当に改め思った

メンバーから「自分以外のみんなの分の場位置まで覚えてくれている」ということですけど、それってけっこう、かなりすごくないですか?だって全員覚えているっていうことですよね

わたしは佐紀ちゃんのサラサラで気持ちいい髪の毛と
とってもやさしいところが好き!
頼りにしているよ

キャプテンは数年前から500円玉貯金をしているんですよ。けっこう貯まっているらしくて。その製造年、作られた年を一個一個メモ帳にメモして(笑)

なんかね。まつげをすごい大事にしててね。抜けたまつげをティッシュに包んでたの。でね。この前、それが無くなってね。みんなで必死に探したの

お仕事合間に時間あったから、朝のBlogのコメント読んで、みんながショートかロングどっちが好きか見てみたら、、、結構な接戦でした!( ̄(工) ̄)あ、Blogに載せるつもりなく書いてたから雑でごめんね

(千奈美が確実にフリに応じられるよう、自分が持っていた「ツアー」告知フリップを、千奈美のフリップと交換)

嗣永桃子(ももち)
ほんと3月3日が(出産)予定日だったの。熊井>そうなの?嗣永>だから桃の節句で(名前が)桃子なの

道重>そしたらラジオ(の収録)終わったらすぐももち結びを取ったんですよ。だからラジオ用にしてたんだなって(わかって)この子、本当にすごいなとおもったんですよ。プロだなっておもって。とにかくスゴイの一言でした

浜田雅功>あれは?あれやってないやん。なんとかっていうの嗣永>(その)ももち結びっていう髪型は魔法で作ってたんですけど、Berryz工房が活動停止してから魔法が使えなくなっちゃって 勝俣>ええっ!?

つんく♂>あの子は小学校5年ぐらいに(ハロプロ)に来たけど、
さんま、(観客)>えーー!
つんく♂>あの頃から全く変らないです。
(観客)>へえー
つんく♂>元々あういう子なんです

「ももち」っていうあだ名を確か、菅谷梨沙子ちゃんが付けてくれて、「ももちゃん」の略で「ももち」なのか(は)ちょっとわからないんですけど

徳永千奈美
徳永>千奈美(の目標)は「日焼けしない」そう・・・あの・・・今から日焼けしないようにする(二人の反応をみて)いや、ちゃんと日焼け止めは塗ってたんだよ。効かないのどうしたらいいんだろうね

(千奈美は)もともと海外大好きな子なんですよ。海外大好きっ子なんですよ。日本で海外の方に声をかけられて交流するのが好きな子だったんですよ。全然しゃべれないのに、もともと社交的だったのもあるとおもうんですけど。伝わったときがうれしいんでしょうね。「千奈美さー、将来、海外に住みたい」って昔からいってたんですよ。だから留学の話を聞いても全然驚かなかったんですけど

熊井>そういうところがお姉ちゃん、とおもったりするんですけど・・・でも楽屋ではムードメーカーで、ほんと、いつも大声でうるさくって(笑)。でもそれがBerryz工房の元気の源になっているとおもうし、まあ~その~(笑)、声はけっこう大きいので、千奈美がいなくなったとたん静かになるんですけど(笑)。(千奈美からは)すごい、元気もらってます

夏焼>ちーはしゃべりが大好きで
菅谷>そうだよね
熊井>ずっとしゃべってるよね
熊井>それがベリーズの中での、いい感じのテンション上げにね(なってる)
夏焼、菅谷>うん

矢島>でも、ちー(千奈美)は笑っている顔が強すぎて、普通にしている顔が不機嫌に見えるって
道重>それが悩みなんでしょう?
矢島>そうらしいです
道重>さゆみは(千奈美ちゃんの)凛(りん)とした顔も好きだけどね

バスとかタクシーとかで移動していると、なんか知らない間にすぐ寝てます
芦沢>8人の中で(寝るのは)一番早いですか?
嗣永>はい

須藤茉麻
(背が小さい方が)「可愛い」って言われるじゃん。そっちの方が、ね。で、(自分)大きかったからいやだったのよ。そう「でっかいねーお姉ちゃん」って感じなわけよ。でも確かに17(才)になって(からは)こんぐらいの身長でいいなっておもう(ようになった)。

夜にまー(須藤)から「ちーのクッキーが一番おいしかったよ」てLINEが来たんですよ。で、ほんとやさしい子だなとおもって

矢島>なんかみんなで焼肉を食べにいったときに、延々とテーブルを拭いて(くれて)ました
道重、嗣永>え!!!!
矢島>(茉麻は)店員さんとかにも「おいしくいただきました」みたいなことも言う
道重>ああホントにママだ~
矢島>ホントにママです

夏焼>年上の二人(清水、嗣永)もいるけどその子たちより上に
菅谷>見えたりすることもある
熊井>そうだね
夏焼>時間もきっちり守るし。ほんと ママーって感じだよね

夏焼>まあは、去年は映画*にもね出演してね。女優の茉麻・・・何か違う感じがしたの
須藤>えっ、なにが違う?
夏焼>いつもと違う茉麻がみれたなって
熊井>違った。役にも入ってるというのもあるけど
夏焼>なんか表情とかも違ったから、わあ、女優の茉麻ちげーって

夏焼雅
寝相が可愛いって、いいですよね
夏焼>そうですか・・・?
菅谷>うんそうなん(可愛い)です
さな>どんな風なんですか・・・ほら、我々(が)いくら念じ(願っ)ても見れないじゃないですか。

これ芸名なの?
夏焼>いえ本名です名前(の由来)は青森の方の名前らしくて 親から聞いたところによると。でもあんまり(その名前が)いないので いつも珍しいねと言われます

夏焼>3人でいると安心しすぎて、話している声が子守唄になっちゃうの、みや(にとって)の。でパタッと寝ちゃうのね。
菅谷>そうなの。パタッと寝ちゃうの。

最近ずっと「みやはこういうのが好きだから」ってわかってもらえるように雑誌を毎日のようにみせたりして、そういうのをわかってもらったりして(います)

うち(夢の中で)何かに追っかけられること多くて・・・ピーマンとかね
熊井>えっ!?
菅谷>なんで~?
夏焼>ほんとに!マジマジこれマジなの。超怖いの。ピーマンに目があるの。

徳永>(みやは)服に対しての好きなんだという意欲(情熱)?が素晴らしいなとおもいます
夏焼>洋服・・・もう愛してますね。お小遣いとか、洋服以外は何も買ってないとおもう。

うちね。「(反抗期)ありそう」って言われるんだけどね。マジないんだよね。うち聞いたの。直接。パパとママに。
菅谷>うふふふ
夏焼>だって友達とかホント反抗期すごいじゃん

熊井友理奈
熊井ちゃんよく迷子になるよね
清水>なってるよね
須藤>すごい方向音痴。たまにストレッチでブリッジするじゃん。そしたら反対になるじゃん。見えるものが。(その時の熊井ちゃんが)「ここどこだ?」って言うの聞いたことない?
徳永>あるある
須藤>「ここどこだ?」って
清水>いうよね
須藤>ほんと不思議な子だなっておもいますね、熊井ちゃん

つんく>(背が高くて)いいよなー。
熊井>そうですか?
つんく>ほんま(1)80超えてほしいわ。
熊井>いやー180はちょっと・・・
つんく>かなり期待してんだけどなー

あーありますあります。2歳の時に牛乳一日1リットル飲んでて。
立川>え、2歳で1リットル飲んでたの?
熊井>はい、牛乳大好きで。でも今は牛乳嫌いになっちゃって。飲めないです。もう

菅谷梨沙子
わたしは桜満開の日に生まれました。で、名前の由来は~なんかその日に、梨(なし)の花が咲いてて梨沙子ってなったらしいんですけど、本当は桜子(さくらこ)だった、らしいんです

ちなみにBerryz工房で一番やさしい先輩はだれ?
宮本>一番まめに連絡をくださるのは、菅谷梨沙子さん
金澤>そうですね
永岡>うっそだろ!ちょっと待ってくれ。ほんと?

嗣永>桃に対して「はあ~?」とか「何やってんの?」みたいな感じの時がありつつも
道重>うん
嗣永>例えば、桃が怪我しちゃったらバンドエイド一番に持ってきてくれるみたいな
道重>へえ~
嗣永>「お腹いたい」って言ったら(りーちゃんが)「大丈夫」ってやさしくしてくれたりとか、そのギャップが(に)コロッってやられちゃうんですよね

初めて(会ったときは)まだハロプロキッズとして活動されている時で、わたし 6期メンバーとして 挨拶をさせていただいたんですよ(注:2002年12月か)
「モーニング娘に入りました」って挨拶をしたときにわたし 衝撃だったんですけれども
菅谷梨沙子ちゃんが、リアル リカちゃん人形だったんですよ。「かわいいいい!!」とおもって。「ちょっとこの世のものじゃない」っておもって

いつかは、髪の毛を染めてみたいとおもう。ちょっとクリーム(色)っぽくしてみたいなと思ったんだけど。今、いろいろ仕事してるじゃん。あの~(設定がある)アニメの仕事とかしているじゃん。だから難しいんだけど。でも染めてみたいなっておもう。でも一気に明るい色にしちゃうって、勇気いるよね。

石村舞波(卒業)
誰にでもやさしかったよね。
嗣永>うん。だから今でもすごい感謝しているし。同窓会とかやったら来てほしいなっておもう

みんなでバイバイっていったんだけど、舞波はすごいスッキリとした笑顔だったから、そこで舞波はこれから大丈夫なんだなっておもった。その笑顔をみて

(トークテーマは)男の子っぽい人!熊井、須藤>舞波!須藤>つばのある帽子を被ると男の子っぽい
熊井>あとね、バッグにドクロのマークが書いてある
石村>ドクロ好きなの

つんく♂さん
なんかね、みんな(のこと)ね、つんく♂さん(は)いろいろ思ってくれているんだって
菅谷>そうだ!
熊井>ハロプロのパパですもん
夏焼>はいパパですね